[速報]IBMとアップル、プログラミング言語「Swift」をクラウド対応に。Bluemix上にSwiftランタイム、Webフレームワーク「Kitura」などを提供

2016年2月23日

IBMは2月22日(日本時間23日未明)、米ラスベガスで開催中のイベント「IBM InterConnect 2016」において、IBMとアップルとのパートナーシップの下でプログラミング言語の「Swift」をクラウド対応にしたことを発表しました

fig IBM Mobile First CTO、John Ponzo氏

Swift言語のランタイムが同社のPaaS型クラウドサービスであるBluemixで提供され、Swiftのコードがそのままクラウド上で実行可能になります

Swiftのランタイムは、CloudFoundryのbuildpack for Swiftで実現。

さらにSwiftでWebアプリケーションを開発するためのREST API対応フレームワーク「Kitura」と、イベントドリブンでSwiftコードを実行可能なバックエンドサービス「IBM Bluemix OpenWhisk」も提供されます。

fig

Swiftパッケージを公開し共有できる「IBM Swift Package Catalog」も用意されます。

fig

Swiftがクラウドで実行可能になることで、これまで別々のプログラミング言語を使用しなければならなかったモバイルデバイス用のネイティブアプリケーションとバックエンドサービスの開発が、Swiftだけで記述できるようになると、IBMはSwiftのクラウド対応の価値を説明しています。

fig

Swiftのクラウド対応は今日から提供開始

fig

IBM InterConnect 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ プログラミング言語 / IBM / PaaS



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本