モバイルアプリ用プラットフォーム「MongoDB Realm」正式リリース。モバイルDB、リアルタイム同期、サーバレス、クラウドDBなどを統合

2020年6月11日

MongoDBは、モバイルアプリケーションの開発と運用を行う統合プラットフォーム「MongoDB Realm」の正式リリースを発表しました

発表は同社がオンラインで開催したイベント「MongoDB.Live 2020」で行われました。

fig1

MongoDB Realmは、2019年に買収したモバイルデータベース「Realm」とMongoDBの製品やサービスを統合し、モバイルアプリケーション向けの統合プラットフォームにしたものです。

MongoDB Realmには、iOSやAndroidに対応するモバイルデータベース「MongoDB Realm」と、バックエンドデータベースとなるクラウド上のデータベースサービス「MongoDB Atlas」、データベース間をリアルタイムに同期しオフラインにも対応する「Realm Sync」、Function-as-a-Serviceに対応するサーバレスコンピューティング基盤としてロジックの実行などに対応する「MongoDB Stitch」などが含まれています。

fig2

これにより、あるモバイルデバイスから入力されたデータはリアルタイムでクラウドデータベースのMongoDB Atlasへ同期されるとともに、別のモバイルデバイス上のデータベースにも自動的に同期されます。

さらにMongoDB Atlasにデータが追加されたことをトリガーにして、Mongo Stitchに登録された関数を実行して何らかの処理を行う、といったことも可能です。

MongoDB.Live 2020

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本