「MongoDB 4.4」ベータ登場。データを統合するUNION対応、シャードキーの動的変更、最速レスポンスのためのヘッジドリードなど新機能

2020年6月11日

NoSQLデータベースの代表的な製品の1つであるドキュメントデータベース「MongoDB」の最新版となる「MongoDB 4.4」のベータ版がリリースされました

発表は同社がオンラインで開催したイベント「MongoDB.Live 2020」で行われました。

fig

MongoDB 4.4の主な新機能は、以下のようなものです。

Union
MongoDB Query Languageを拡張し、複数のコレクションを1つの結果セットにまとめることが可能に。

Refinable Shard keys
データをクラスタ内の複数データベースへ分散させるキーとなる「シャードキー」(shard Keys)が、データベースを止めることなく、いつでも変更し最適用可能に。

Hedged Reads
複数のレプリカサーバに対して読み取りリクエストを同時に送信し、もっとも早く返された結果をそのまま採用することで、レイテンシの最小化を実現。

そのほかRustとSwiftに対応したデータベースドライバなども用意されました。

MongoDB.Live 2020

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本