データセンター構成ツールの「Chef」、Progressによる買収を発表

2020年9月10日

データセンター構成ツールあるいはDevOpsツールなどとして知られる「Chef」を提供するChef社が、開発ツールベンダのProgress社によって買収されることが発表されました(Chefの発表Progressの発表)。

Chef社はもともとOpscodeという社名でしたが、データセンター構成ツールの「Chef」が成功したことで2013年に社名を製品名と同じ「Chef」に変更。同社の製品はインフラの構成をコードによって記述するという新しい手法「Infrastructre as Code」(IaC)の一翼を担う重要な製品と目されていました。

しかしその後、TerraformやAnsibleなど競合製品が相次いで登場し、現在ではかつてほどの存在感を示せていません。

今回Chefを買収するProgress社は、かつてBaaSとして注目されていたKinveyをベースに進化させたモバイルアプリケーション向け開発プラットフォーム、JavaScriptのUIツールであるKendoUIや.NETのUIコントロールであるTelerikをはじめとするUI/UX開発ツール、Web向けコンテンツマネジメントツール、データベースコネクタなど、さまざまな開発者向けツールを揃える総合開発ツールベンダです。

同社はChefの買収によって開発ツールだけでなく運用に関わるツールを手にすることになり、いわゆるDevOpsに対応するツールを提供する総合ベンダになるわけです。同社がChefを買収する狙いはそこにあるといえるでしょう。

買収は来月には完了予定。買収後もProgressはChefのビジネスモデルと製品ロードマップについては従来の方針を維持するとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本