マイクロソフト、「 Azure Arc enabled Kubernetes」をプレビュー公開。OpenShift、Rancherなどとも統合可能に

2020年5月26日

マイクロソフトは、Azureを中心にAWSやオンプレミスなどを含むマルチクラウド基盤を構成するサービス「Azure Arc」をKubernetes対応にした「 Azure Arc enabled Kubernetes」のプレビュー公開を発表しました

Azure Arcは、AWSやオンプレミス、エッジなどを含む任意のプラットフォーム上で稼働するWindows Server、Linux Server、Kubernetesクラスタなどを統合管理できるマルチクラウド基盤です。マイクロソフトのマルチクライド/ハイブリッド戦略の重要な柱となるサービスの1つ。

2019年11月に開催されたイベント「Ignite 2019」において、同社CEOのサティア・ナデラ氏が発表したものです。

今回発表された Azure Arc enabled Kubernetesによって、このAzure ArcがKubernetesクラスタの統合管理も実現。

Azure Arcによって管理されたKubernetesクラスタに対してHelmチャートを用いたデプロイ、GitOpsを用いた構成管理やDevOpsパイプラインの実現などを可能にするとしています。

同社の説明によると、ほとんどすべてのCNCF認証済みのKubernetesに対応するだけでなく、レッドハット、Canonical、Rancer Labsなどとはインテグレーションパートナーとなり、Red Hat OpenShift、Canonical Kubernetes、Rancher Labsにも対応する見通しです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本