国内DevOpsソフトウェア市場は20%以上の高成長で推移。バージョン管理、CI/CD、テスト自動化などへの投資が優先。IDC Japan

2020年5月27日

調査会社のIDC Japanは、国内DevOpsソフトウェア市場予測を発表しました

発表によると、クラウドサービスを含む2019年の国内DevOpsソフトウェア市場は270億4300万円、前年比成長率は24.8%。

fig 国内DevOpsソフトウェア市場予測、2019年~2024年。Source: IDC Japan, 5/2020
本市場予測は、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮したものである

DevOpsソフトウェアの中で優先して投資されているのはバージョン管理、CI/CD、テスト自動化、アプリケーションパフォーマンス管理で、これらの領域では特にクラウドサービスの活用が拡大しているとのこと。

今後、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって在宅からの開発や運用を強いられた経験を踏まえ、リモートでもアプリケーションの開発と運用が行いやすいDevOps向けクラウドサービスに対する需要がさらに高まっていくとIDC Japanはみています。

同社は2020年以降も企業におけるDevOpsの実践が拡大することでDevOpsソフトウェアへの投資も増加するとしており、2019年から2024年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は20.7%。

2024年の国内DevOpsソフトウェア市場規模は、2019年の2.5倍以上となる693億5,200万円に達すると予測されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本