LinuxやiOS/AndroidアプリでもExcelやPDFの読込、操作、保存などを可能にするライブラリ「DioDocs」発表。配布ライセンスは無料。グレープシティ

2018年9月20日

グレープシティは、アプリケーションに対してExcelやPDFファイルの読込や操作、保存機能などを実装できるライブラリ「DioDocs for Excel」と「DioDocs for PDF」を発表しました

fig

DioDocs for ExcelとDioDocs for PDF(以下まとめてDioDocs)の最大の特徴は、Windows対応のアプリケーションだけでなく、macOSやLinuxはもちろんiOSやAndroidに対応したアプリケーションにも、ExcelファイルやPDF形式のファイルの読み込みや生成、更新などの機能を実装可能であることです。

DioDocsはマイクロソフトの.NET Frameworkの標準仕様である「.NET Standard 2.0」に準拠しているため、.NET Standard 2.0に対応した実装である「.NET Core」「.NET Framework」「Xamarin」で利用できます。これらのフレームワークを用いてWindows、macOS、Linux、iOS、Androidなどを開発する際にDioDocsも利用可能になるというわけです。

そして開発されたアプリケーションは仮想マシンやDockerコンテナ、サーバレスプラットフォームなどに配置することで、クラウド上で利用することも可能となっています。

API経由でファイルの読み込み、内容の変更や操作、保存など

DioDocs for Excelでは、読み込んだExcelファイルに対してAPI経由でセルへの書き込みやスタイルの変更、グラフの生成、数式、図形の編集や埋め込みオブジェクトの操作、シートの保存、PDF形式での保存など、多様な操作がAPI経由で可能。

DioDocs for PDFも、読み込んだPDFファイルに対して書き込みやPDFフォームの生成、ページサイズ、向きの変更、ファイルの圧縮、Webに最適化したPDFの生成など、高度な機能もAPIで操作可能です。

DioDocsは1年定額制のサブスクリプション方式での販売となり、イニシャル(初回)価格は、1開発ライセンスが 34万5600 円(8%税込)、2年目以降のリニューアル(更新)価格は 17万2800 円(8%税込)。

ただしDioDocsを利用して開発したアプリケーションを配布する場合は、デスクトップ、モバイル、クラウドなどアプリケーションの形式を問わず無料で配布可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本