Javaアプリケーションを自動的にDockerイメージにビルドしてくれる「Jib」、Googleがオープンソースで公開

2018年7月11日

Googleは、Javaアプリケーションを自動的にDockerコンテナ化するツール「Jib」をオープンソースで公開しました。

JavaのビルドツールであるMavenもしくはGradleのプラグインとしてJibをインストールすることで、Docker環境の構築やDockerfileなどを記述することなく、ビルドプロセスのなかで構成を読み取り、Dockerコンテナのイメージを生成、Dockerコンテナのレジストリへの登録まで自動的に行ってくれます。

jib fig1

これまでJavaアプリケーションをDockerコンテナ化するには、JavaアプリケーションをビルドしたうえでDocker環境を用意してDockerfileを記述し、そこでDockerイメージを生成するといった手順が必要でした。

Jibはこうした手間を一掃し、Javaアプリケーションをビルドするだけで自動的にDockerイメージが生成できるようになります。

jib fig2

Jibは、JavaのビルドツールであるMavenもしくはGradleのプラグインとしてアプリケーションの依存関係や構成ファイルなどの情報をビルド時に取得、これをもとにDockerfileを生成してくれます。

また、Dockerイメージのレイヤ構成やインクリメントビルド機能を活用し、二度目以降のDockerイメージの作成では変更があったレイヤのみを再ビルドするため、非常に高速なDockerイメージの生成が可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本