Google Cloud Platform、コンテナネイティブなロードバランスを可能に。従来のVM単位を改善

2018年10月16日


Googleは、Google Cloud Platformにおいてコンテナネイティブなロードバランスを可能にしたと発表しました

これまで行われていた仮想マシン単位でのロードバランスと比較して、コンテナ単位でより効率の良い分散処理が可能になります。

fig 図上が従来のロードバランサーで、仮想マシン内のiptablesが使われていた。図下は新しいコンテナネイティブなロードバランサーで、ロードバランサーが直接コンテナを認識しトラフィックを分散する

コンテナネイティブなロードバンランスは、Google Cloud Platformで稼働しているKubernetesのIngressコントローラに新しくNetwork Endpoint Groups(NEG)と呼ばれるレイヤが組み込まれたことで実現されました。

NEGはHTTPやTCP、SSLのプロキシとしてバックエンドのIPアドレスとポートを指定できるため、仮想マシン内のコンテナ単位でトラフィックを分散できると説明されています。

コンテナネイティブなロードバランスによってロードバランサーがコンテナのヘルスチェック情報を把握できるようになりました。

そのおかげで、これまではロードバランサーがコンテナの状態を把握せずに仮想マシン内のコンテナへランダムにトラフィックを転送していた仕組みから、エンドポイントグループに属するコンテナのなかで正常に動作しているコンテナに対して、あらかじめ決められたアルゴリズムによってトラフィックを転送する仕組みとなりました。

またトラフィックのホップもノードの中継を介さずに直接ロードバランサーからコンテナへと送られるようになり、効率的になっているとともに、問題が発生したときのトラブルシュートも容易になるとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
音声サービスのTwilio、メール配信サービスSendGridの買収を発表。オムニチャネルのソリューション拡充

≪前の記事
サーバレスを実現するAWS Lambdaの実行時間が最大で15分へ拡大。5分までの制限を緩和し、より大規模処理が可能に


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig