AWSでコンテナやクラスタのマネージドサービスを提供する「AWS Fargate」、東京リージョンでも対応と発表

2018年6月4日


Amazon Web Servicesの日本法人であるアマゾンウェブサービスジャパン は、5月30日から6月1日までの3日間、日本での年次イベント「AWS Summit Tokyo 2018」を開催しました。

AWS Summit Tokyo 2018での主な発表

同社はこれにあわせて、コンテナやクラスタのマネージドな実行環境を提供する「AWS Fargate」の東京リージョン対応を発表しました。

AWS Fargateが東京リージョン対応

AWS Fargateはコンテナ実行環境のマネージドサービスといえるものです。

コンテナの実行環境をユーザー自身で構築する場合、まずAmazon EC2で適切なサイズの仮想マシンを選択してプロビジョニングし、そこにDockerなどのコンテナ環境を構築し、さらに必要に応じて複数のコンテナをスケールアウトさせる仕組みとしてKubernetesなどのオーケストレーションツールなども導入する必要があるでしょう。

AWS Fargateはこうした手間をクラウドが行ってくれるため、アプリケーションをコンテナにパッケージし、適切な仮想マシンのタイプを選択するなどの簡単な設定でコンテナの実行環境を整え、すぐにスケーラブルなコンテナ環境を利用できるようになります。

今後AWS FargateはAmazon EKS(Amazon Elastic Container Service for Kubernetes)もサポート予定。

東京リージョンにおけるAWS Fargateのサポートは7月開始予定です。

AWS Summit Tokyo 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
GitLabへのインポートが普段の10倍に急増、GitHubの買収報道で

≪前の記事
機械学習ツール群のマネージドサービス「Amazon SageMaker」が東京リージョンで利用可能に。Chainerのサポートも追加


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig