機械学習ツール群のマネージドサービス「Amazon SageMaker」が東京リージョンで利用可能に。Chainerのサポートも追加

2018年6月4日

Amazon Web Servicesの日本法人であるアマゾンウェブサービスジャパン は、5月30日から6月1日までの3日間、日本での年次イベント「AWS Summit Tokyo 2018」を開催しました。

AWS Summit Tokyo 2018での主な発表

同社はこれにあわせて、機械学習におけるトレーニングや推論などの実行環境をマネージドサービスで提供する「Amazon SageMaker」の東京リージョンでのサポートと、機械学習フレームワークのChainerをSageMakerでサポートすることが発表されました。

Amazon SageMakerが東京リージョンに対応
Amazon SageMakerがChainerをサポート

機械学習の実行環境を整えるのにはある程度の手間と知識が要求されますが、SageMakerでは、機械学習用に用いるデータを整理して外れ値などの除去など前処理を行う環境、あらかじめ用意されたアルゴリズムや機械学習フレームワークを実行してトレーニングを行う環境、そしてトレーニング済みの学習モデルを用いて推論を行い、そこへAPI経由でアクセスする環境などが用意されます。

そのため、利用者はデータがあればすぐに機械学習に取り組むことができるようになります。

また、SageMakerで利用できる機械学習フレームワークとして、日本発のスタートアップ企業であるPreferred Networksが開発し国内でも非常に人気のある「Chainer」が追加されました。Chainerは柔軟で直感的なPythonベースのニューラルネットワークのフレームワークです。

Amazon SageMakerは東京リージョンでの発表と同時に提供が開始されました。

AWS Summit Tokyo 2018

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本