[速報]Docker、最新バージョンでDocker Engineにオーケストレーション機能を内蔵。外部ツール不要でクラスタ運用を実現。DockerCon 16

2016年6月21日

コンテナ型仮想化の実装を提供するDockerの年次イベント「DockerCon 16」が、米ワシントン州シアトルで開幕しました。

fig DockerCon 16のストリーミング映像から

Dockerの最新バージョンとなるDocker 1.12では、Docker Engineにオーケストレーション機能を内蔵。外部のオーケストレーションツールに依存ぜずにDockerのクラスタをオーケストレーションできるようになると発表されました

fig

Docker 1.12のオーケストレーション機能は主に4つあります。

fig

Swarmモードは、DockerエンジンがほかのDockerエンジンとつながり、自己組織化し、単一障害点を持たず、障害に対して自己修復が可能。

デフォルトで鍵交換や暗号化通信などによるセキュリティ機能が備わっています。

fig

クラスタの状態の把握や制御のための標準的なAPIも搭載。

fig

オーバーレイネットワーキング、ロードバランシング、サービスディスカバリといったネットワーク機能も。

fig

「もしあなたがDockerを知っているのなら、今日中にDockerオーケストレーションについても知ることができるだろう。本当に本当にシンプルなのだ」(同社の創業者でCTOのSolomon Hykes氏)

DockerCon 16

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / コンテナ型仮想化 / 仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本