Google、ビッグデータ処理基盤の「Cloud Dataflow」を正式サービスとして公開。エクサバイトまでスケール可能

2015年8月19日

Googleは、ビッグデータ処理のためのサービス「Cloud Dataflow」を正式版として公開すると8月12日に発表しました

Cloud DataflowはGoogle Cloud Platformで提供されるフルマネージドのクラウドサービスで、エクサバイトのスケールまで対応。大量のデータの取得、変換、分析、分類などの一連の処理を、リアルタイムに処理するストリーム処理、逐次的に処理するバッチ処理のどちらでも同一のプログラミングモデルで記述し処理できるのが特長です。

fig

Cloud Dataflowは昨年の6月に開催されたイベント「Google I/O 2014」ではじめて発表されました。その時点でGoogle社内ではすでにMapReduceを大規模データ処理には使っておらず、Cloud Dataflowを用いていることも明らかにされています。

fig2014年6月に開催されたGoogle I/OでのCloud Dataflowの発表の様子

Cloud Dataflowの発表を行ったGoogleのシニアバイスプレジデントUrs Hölzle氏は、Cloud Dataflowを使うことでスケーラビリティや並列性をプログラマが心配する必要はない、と説明しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Google Cloud / 機械学習・AI / Google / ビッグデータ



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本