Google、機械学習に最適化したクラウドサービス「Cloud TPU」ベータ公開開始。TensorFlow用の独自ASIC採用

2018年2月13日


Googleは、機械学習のためのフレームワーク「TensorFlow」の処理に最適化した同社独自のASIC「Cloud TPU」を用いた、同名のクラウドサービス「Cloud TPU」ベータ公開を発表しました(日本語の発表英語での詳しい発表)。

fig

「Cloud TPU」は2017年5月に行われたイベント「Google I/O 2017」で初めて発表されました。

チップとしての「Cloud TPU」は、TensorFlowでのトレーニングと推論の両方に最適化されたカスタムASIC。

CloudTPU

上の写真は4つのチップが搭載されたCloud TPUボード。このボード1つあたり180テラフロップスの能力があると説明されています。

データセンターでは、これを64台まとめた「TPU Pods」を構成。このポッドあたり 11.5 ペタフロップスの能力があるとのこと。

Cloud TPU Pods

クラウドサービスのCloudTPUは1つのCloudTPUプロセッサで1時間あたり6.5ドル。現時点での利用には申し込みが必要となります

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Compute Engine


次の記事
AppleもiOS/macOSをProgressive Web Apps(PWA)対応へ。次のSafari 11.1でService Workerなど実装

前の記事
AWS大阪ローカルリージョン、今日から利用可能に。利用には申し込みと審査が必要


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig