Googleの画像認識APIを基に、好きな画像を学習させて認識機能を簡単にカスタマイズできる「Cloud AutoML Vision」発表

2018年1月18日


Googleは、Googleが提供する学習済み機械学習APIを基に、ユーザーが自分のデータを学習させることで認識機能をカスタマイズできる「Cloud AutoML」を発表しました。

「Cloud AutoML」に対応したAPIの第一弾として、ユーザーが独自の画像を学習させられる「Cloud AutoML Vision」を発表しました。

Cloud AutoML Vision API発表

学習済みの機械学習APIに対して追加で学習可能

Googleは、機械学習を用いた画像認識APIとして「Cloud Vision API」を以前から提供しています。

Cloud Vision APIはあらかじめGoogleによって学習済みであるため、画像を読み込ませるだけで、人間の顔の検出や猫や犬といった動物、船や飛行機、自動車など、画像内のさまざまな物体を検出できます。

このように「Cloud Vision API」は簡単に使える一方で、Googleがあらかじめ学習させていない物体は検出できません。例えば、雲の写真を見せてそれが積乱雲かどうかを判別する、といったことは学習していないのでできません。

ユーザー独自の画像認識を実現するには、これまではユーザー自身がゼロから機械学習のモデルを作成し、大量のデータを読み込ませて学習させる必要がありました。当然ながら、その作業には機械学習の専門家があたる必要がありました。

今回発表された「Cloud AutoML Vision」は、すでにGoogleによって画像認識機能を備えた学習済みのAPIを基に、ユーザーが用意した画像を学習させることで、すぐにユーザーが望む認識機能を実現することが可能なAPIです。

画像を読み込ませるだけで学習してくれる

Googleが公開したデモは、積乱雲や巻雲といった雲の画像を学習させることでCloud AutoML Visionが雲の種類を見分けられるようにする、というもの。

下記がCloud AutoML Visionの画面。ユーザーが学習させるデータ群として画像が用意されており、それらの画像には「cirrus」(巻雲:けんうん)や「Cumulonimbus」(積乱雲)などのラベルが付いています。

Cloud AutoML Vision APIの画面。ユーザー学習用の画像を用意

これらを読み込ませた学習させると、学習後の統計データなどが表示され、評価することができます。

Cloud AutoML Vision APIの画面。画像を読み込ませ学習させる

学習させたあと新たな雲の画像を読み込ませると、巻雲の可能性が高いと認識しました。

Cloud AutoML Vision APIの画面。学習させたあと、あらたな画像で巻雲かどうかを判別させてみた

説明によると、画像は数十枚(a few dozen)程度から始められるとのことです。

このように、ユーザーは画像データがあれば独自の学習をさせることができるため、より簡単かつ迅速に機械学習の機能を利用できるようになります。

Cloud AutoML Vision APIを含むCloud AutoMLはアルファ版の段階で、現在利用の申し込みを受け付けています


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 機械学習 / AI / ビッグデータ
タグ  Google , 機械学習


次の記事
Google、未経験者でも取得可能な「認定ITサポートプロフェッショナル」制度と学習プログラムの提供を開始。Googleなどへの就職で有利に

前の記事
「AWS Auto Scaling」が機能強化、基本的な設定をするだけで自動的にポリシー生成、導入が簡単に


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig