MongoDBベースのモバイルBaaS「MongoDB Stitch」ベータ公開。JavaScript/iOS/Android対応。MongoDB World 2017

2017年6月22日

MongoDB社は、6月20日、21日にシカゴで同社の年次イベント「MongoDB World 2017」を開催。基調講演でMongoDBベースのモバイルBackend-as-a-Service「MongoDB Stitch」を発表しました。

fig

上の写真はMongoDB Stitchを発表するMongoDB CTO兼共同創業者 Eliot Horowitz氏。

fig

MongoDB StitchはMongoDBに対してWebアプリケーションやスマートフォンなどのモバイルデバイス、IoTデバイスなどからREST APIで操作可能。SDKはJavaScript、Android、iOS用が用意されています。

ユーザーごとにコンフィグレーション可能なアクセスコントロールの機能を備えており、Twillioなどのサービスとの連携機能もあらかじめ備えています。

下記がMongoDB Stitchのアーキテクチャ。

fig

あらかじめ用意された主要なサービスをMongoDB Stitchに簡単に追加し、アプリケーションから呼び出すことも可能

fig

MongoDB Stitchの料金体系はデータ容量に比例したシンプルなもので、現時点では25GBまでは無料。現在ベータ版として公開されています。

MongoDB World 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : BaaS , MongoDB , NoSQL



≫次の記事
MongoDB、データベース内のデータをマウス操作で簡単にグラフ化できる「MongoDB Charts」発表。MongoDB World 2017
≪前の記事
MongoDB-as-a-Serviceの「Atlas」がAWS/Azure/GCPに対応。クロスリージョン、クロスクラウドのクラスタ構成も実現へ。MongoDB World 2017

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig