Amazon EC2 Elastic GPUsがWindowsに正式対応。Google EarthもCADソフトもゲームも高速実行可能に

2017年9月4日

AWSは、Amazon EC2の仮想マシンにグラフィック性能などを向上させるGPUを柔軟に追加できる機能「Amazon EC2 Elastic GPUs」がWindowsに正式対応(General Availability)したことを発表しました

GPUはElastic GPUネットワーク経由でEC2にアタッチされ、EC2にアタッチしたGPUリソースはOpenGL経由で利用可能になります。

fig

CPU、メモリ容量、GPUリソースを柔軟に組み合わせ

一般に、GPUはハードウェア的にCPUと同一筐体内で接続されるため、あるシステムに対して動的にGPUを拡張したり縮退することはできません。

Amazon EC2 Elastic GPUsはこうした固定的なCPU、メモリ、GPUの関係を柔軟に定義できるようにしたもの。アプリケーションに合わせてAmazon EC2で最適なCPU、メモリ容量を選択し、さらにAmazon EC2 Elastic GPUsで適切なGPUリソースを柔軟に組み合わせることができるようになります。

GPUリソースはメモリ容量に応じて4種類用意されており、1GiBのeg1.medium、2GiBのeg1.large、4GiBのeg1.xlarge、8GiBのeg1.2xlargeが選択できます。

3DCGやGoogle Earth、ゲームも高速化

GPUリソースはOpenGL経由で利用できるため、例えば3DCGソフトのBlenderや3Dモデリングを行うGoogle Earthや3D CADソフト、ゲームまで、OpenGLに対応したアプリケーションであればGPUを活用した高速な動作が期待できます。

Amazon EC2 Elastic GPUsは、米東部(北バージニア)リージョンおよび米東部(オハイオ)リージョンで提供されており、Windows対応が開始されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AWS



≫次の記事
米オラクルがSolaris関連の従業員をほぼ全員レイオフしたとの報道(追記あり)
≪前の記事
LaTeXがWordやPowerPointで可能に/VMware Cloud on AWS提供開始/IBMとソニー、磁気テープで330テラバイト、ほか。2017年8月の人気記事

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig