Webアプリケーションのテスト自動化ツール「Selenium 3.0」登場、5年ぶりのメジャーバージョンアップ。Selenium Coreのサポートは終了し、WebDriverへ移行

2016年10月27日

Webブラウザを自動的に操作することでWebアプリケーションの動作テストを自動化してくれるツール「Selenium」の、5年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「Selenium 3.0」が正式にリリースされました

fig

Selenium 3.0では、Seleniumの原型でありブラウザ操作をするための旧来の機能であった「Selenium Core」がなくなり、WebDriverに置き換えられました。

WebDriverはブラウザを外部から操作する方法としてSelenium 2から取り入れられており、現在W3Cによって標準化も進められています。また、モバイルアプリケーションのテスト自動化ツールであるAppiumでも採用されています。

すでにChromeとMicrosoft EdgeにはWebDriver機能が組み込んであるため、Selenium 2でWebDeriverを利用していたのであれば、この2つのブラウザのテストはSelenium 3にそのまま置き換えることができると説明されています。またFirefoxに関してはgecko driverを組み込むことで利用可能になるとのことです。

Selenium 3は、Selenium 2と比較して目立った新機能が追加されたわけではないようです。ではなぜ今回メジャーバージョンアップとしたのでしょうか。その答えは、Selenium Coreが役目を終え、WebDriverへと引き継がれたという内部的な仕組みの変化によるものだと、Seleniumのブログ記事「Selenium 3 is Coming」から読み取ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , JavaScript , Web標準 , ソフトウェアテスト , 開発ツール



≫次の記事
国内企業におけるシステム運用、約3分の1の企業が毎月数回の運用ミスや障害発生。最大の課題は「運用担当のスキル不足」で、二番目の課題は「自動化できてない」など
≪前の記事
Google CloudがCloud Foundryをサポート開始。マルチリージョンのデプロイも可能に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig