Web IDEの「Eclipse Che 5.0」発表。マルチコンテナ構成に対応、Language Server Protocolで対応言語も拡大へ

2016年11月24日

Eclipse Che開発チームは、11月15日に開催されたオンラインイベント「CheConf16」で、次世代Eclipseとして開発されているWeb IDE「Eclipse Che」(エクリプス・チェ)の次バージョンとなる「Eclipse Che 5.0」を発表しました。6週間から10週間程度で正式版が登場する見通しです。

fig

Che 5.0の主な特長は、マルチコンテナ構成への対応、Language Server Protocolに対応することで幅広い言語をサポート可能になること、Docker Store対応などで実行環境の提供を拡大したことなど。

Cheは、今後あらゆるコンテナのオーケストレーション機能に対応すると説明されましたが、Che 5.0ではDocker Composeに対応。マルチコンテナ構成に対応します。

fig

Language Server Protocolに対応します。これにより、文法やコード補完、シンボル参照といったコードエディタのプログラミング言語対応が柔軟に拡張できるようになります。

fig

現時点でC#、PHP、Java、Go、CSS 3に対応しており、今後Rust、JavaScript、TypeScript、Groovy、Haxeなどに対応予定。

fig

PHPの開発をデモしているところ。

fig

Docker StoreでCheのDockerイメージを入手できるようになったため、すぐに試すことができるようになった。また、さまざまな環境への対応を拡大。

fig

Che 6では、性能向上と拡張機能などIDE機能の強化に取り組む予定。

fig

キーノートの動画は下記。


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Che , Eclipse , 開発ツール



≫次の記事
日本国内のPaaS市場はきわめて高い成長率。2020年には昨年の3倍以上に成長し、市場規模は1761億円に。IDC Japan
≪前の記事
マイクロソフト、クラウドの利用状況を解析して最適な構成をアドバイスしてくれる「Azure Advisor」パブリックプレビュー公開

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig