W3C、「Web Storage (Second Edition)」を勧告。オフラインでも使えるブラウザのキーバリューストレージ機能

2016年4月26日

W3Cは「Web Storage (Second Edition)」の勧告を発表しました

Web Storage (Second Edition) is a W3C Recommendation | W3C News

Web StorageはWebブラウザがキーバリューストレージ(KVS)の機能を実現する際の標準仕様。オフラインでも利用でき、モバイルなど通信回線が不安定な環境でもWebアプリケーションの動作を支援する機能として利用できます。

Web Storage仕様で定義されている機能には主に2種類あります。1つは「sessionStorage」、もう1つは「localStorage」です。

sessionStorageは、ブラウジングコンテキストごと、つまりあるURLでタブを開き、そのタブでさまざまなWebページを閲覧し、閉じられるまでのあいだだけ有効になります。

localStorageはオリジン(おおむねWebサイト)ごとにキーバリューストレージを提供する機能。オリジンごとにデータが保持され、ブラウザが閉じられてもデータが削除されることはないため、再び同一オリジンへ訪問すれば、以前保持したデータにアクセス可能です。

ただしWeb Storageはその機能を悪用されないように、ストレージ区画の総量として5メガバイト程度を上限とすることが推奨されていたり、長寿命のクッキーの代わりに使われることで利用者が追跡されるリスクを軽減するための技法が仕様書で解説されています。

Web Storageは現時点でOpera Miniを除く最新版の主要ブラウザのすべて(IE、Edge、Firefox、Chrome、Safari、Opera、iOS Safari、Android Browser、Chrome for Android)で実装済みです

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : W3C , Web標準



≫次の記事
Dropbox、クラウドとのファイル同期をファイルへのアクセス時にオンデマンド実行してくれる「Project Infinite」プレビュー、チームのファイル共有向け
≪前の記事
マイクロソフトはなぜWindows 10にBashを載せ、Xamarinを無料で提供するのか、マイクロソフトのエバンジェリストに聞く。そしてCEOサティア・ナデラ氏が来日決定[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus