[速報]VMware、サーバを仮想化するようにクラウドを仮想化する「Cross-Cloud Services」発表。VMworld 2016 US

2016年8月30日

「(仮想化によって)ワークロードをHPやIBMやデルのサーバ間で異動できる。パブリッククラウドでも同じようなことができないのだろうか?」

ラスベガスで開幕したVMworld 2016 US、初日の基調講演。CEOのパット・ゲルシンガー氏に続いて登場した同社Chief Technology Strategy OfficerのGuido Appenzeller氏は、こんな疑問を聴衆に投げかけました。

この疑問に答え、パブリッククラウド間の違いを吸収するクラウドサービス「Cross-Cloud Services」をVMwareが発表しました。

「Amazon、Azure、Googleにまたがるレイヤを作ればできるはずだ。それがCross-Cloud Servicesだ」(Appenzeller氏)

fig

Cross-Cloud Servicesは、Amazonクラウド、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、そしてVMware Cloud Foundationの全体、すなわちコンピュート、ネットワーク、ストレージの違いを超えて一元的に統合管理できるクラウドサービスです。

fig

管理コンソールからは、すべてのクラウドのインスタンスの管理、移動、監視や仮想ネットワークの構築、データマネジメントなどが可能。

fig
fig

Discovery、Cost Analysis、Monitoringなどが可能と説明。

fig

Cross-Cloud Servicesは現在テクノロジープレビューです。

VMwareはクラウドに対応した仮想レイヤのベンダを目指す

VMwareが今回発表したクラウド基盤のVMware Cloud Foundationと、クロスクラウドを実現するCross-Cloud Servicesを組み合わせた「Cross-Cloud Architecture」から示される同社の戦略は明確です。

それは、物理サーバの上位レイヤとしての仮想化ハイパーバイザを実現する仮想化ベンダから、クラウドの上位レイヤとしてクラウドを仮想化するサービスを提供する、新たな仮想化ベンダの地位を築こうとしている、というものです。

現実に、多くのユーザーが、プライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを組み合わせて利用しています。VMwareはそこに生ずる課題を「クラウドの仮想化ベンダ」として解決しようとしていると見られます。

VMworld 2016 US

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , VMware , クラウド



≫次の記事
[速報]VMware、vSphereにDockerコンテナレジストリ機能、コンテナ管理ポータルなどを追加。オープンソースとしてGitHubで公開。VMworld 2016 US
≪前の記事
[速報]VMware、統合クラウド基盤「VMware Cloud Foundation」発表。オンプレミスに加え、IBMがクラウドサービスとしても提供。VMworld 2016 US

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus