[速報]VMware、vSphereとは異なる新しいクラウド基盤「Photon Platform」発表。Kubernetes、Cloud Foundryなどクラウドネイティブアプリ向け。VMworld 2015 US

2015年9月1日

VMwareはサンフランシスコで開催中の「VMworld 2015 US」において、新しいクラウド基盤「VMware Photon Platform」を発表しました。

Photon Platform

同社の主力製品であるvSphereがサーバ仮想化からクラウド基盤へと発展してきたがゆえに、従来のオンプレミス用アプリケーションとの相性に優れるのに対して、Photon Platformはコンテナベースでスケーラブルなクラウドネイティブアプリケーションのために開発された新しいクラウド基盤です。

マルチテナント機能のためのセキュリティと分離機能も最初から組み込まれています。

fig

Photon Platformは2つの構成要素からなります。コンピュートホストとなる「Photon Machine」は、vSphere ESXをベースにした小型ハイパーバイザの「Microvisor」とコンテナに最適化した軽量Linux OSなどを一体化したもの。

コントローラとスケジューラの役割を果たすのが「Photon Controller」で、マルチテナント機能などを提供。単一障害点がなく、高い可用性を実現するように作られています。 そしてPhoton PlatformはDocker、KubernetesやMesos、Cloud Foundryといったクラウド向けのフレームワークと密に統合可能なようにできています。

fig

Photon Platformを用いると、テナントやアプリケーションごとに異なるデータベース、異なるアプリケーションフレームワークを採用すると同時に、高いスケーラビリティを実現します。

fig

この管理画面では1つのPhoton Platformの上で3つのテナントが稼働中。

fig

1つ目のテナントではMesosが稼働中。

fig

2つ目のテナントでは、開発用とテスト用の2つのKubernetesが稼働。

fig

3つ目のテナントではCloud Foundryが稼働中。

fig

Photon Controllerはオープンソースで公開予定。Photon Platformはサブスクリプションで提供される。Pivotal Cloud FoundryとPhoton Platformのバンドル版も提供予定。

fig

VMwareは、コンテナを含むあらゆるアプリケーションの基盤となる「vSphere」および「vSphere Integrated Containers」を提供するとともに、クラウドネイティブなプラットフォームとなる「Photon Platform」を提供する。

fig

VMworld 2015 US

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , Photon Platform , VMware , クラウド



≫次の記事
1つのアプリをWindows 10/iOS/Android/MacOSのネイティブ対応として開発できる統合開発環境「RAD Studio 10 Seattle」リリース
≪前の記事
[速報]VMware、Dockerコンテナと仮想マシンを一体化した「vSphere Integrated Containers」発表。vSphereにコンテナエンジンとLinuxを統合。VMworld 2015 US

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus