マイクロソフト、OfficeのUIフレームワークを「Office UI Fabric」としてオープンソースで公開

2015年9月3日

マイクロソフトは、Office 365などのWebサイトで実際に使われているOffice UIを構成するフレームワークを「Office UI Fabric」としてオープンソースで公開しました。

フレームワークが備えているのは、タイポグラフィ、テーマカラー、アイコン、アニメーション、レスポンシブグリッドレイアウト、ローカライゼーションなど。

fig 真ん中がOffice UI Fabricを用いたWeb版のユーザーインターフェイス。左のWindows版Office、右のiPad版Officeと同じであることが分かる(「Introducing Office UI Fabric—your key to designing add-ins for Office」から引用)

下記はサンプルから一部を抜き出して転載したもの。カラーテーマ、ダイアログボックスやチェックボックス、ボタンなども用意され、テーブルレイアウトも可能。

fig

全体のレイアウトもBootstrapのようにグリッドで構成できます。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  HTML5 , Microsoft


次の記事
SAP、Apache Spark上の新クエリエンジン「SAP HANA Vora」発表。大量のIoTデータもOLAPのようにドリルダウン可能

前の記事
VMware、オブジェクトストレージサービス「vCloud Air Object Storage」が正式サービスに。vCloud Air経由でGoogle Cloud Storageを利用。VMworld 2015 US


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig