マイクロソフト、「IE Diagnostics Adapter」リリース。ChromeのリモートデバッグがInternet Explorerでも可能に

2015年4月6日

マイクロソフトは、Internet Explorer 11をChromeリモートデバッギングプロトコルに対応させるアダプタ「IE Diagnostics Adapter」をオープンソースで公開しました。まだ実験的な実装としていますが、今後Internet Explorerだけではなく、Windows 10に搭載予定の新ブラウザ「Spartan」にも対応させていくと説明しています。

Introducing the IE Diagnostics Adapter for third party developer tools - IEBlog - Site Home - MSDN Blogs

IEBlogに投稿された記事「Introducing the IE Diagnostics Adapter for third party developer tools」では、「IE Diagnostics Adapter」を次のように説明しています。

The IE Diagnostics Adapter makes this possible by providing a bridge that allows IE to speak the Chrome remote debugging protocol.

IE Diagnostics AdapterはIEがChromeデバッギングプロトコルで話せるようなブリッジを提供する。

これによってChrome Dev ToolsからInternet Explorerの内部を参照することができます。下記はその様子を示したものです。(「Introducing the IE Diagnostics Adapter for third party developer tools」から引用)

fig

Chrome Dev Toolsだけでなく、Chrome対応のリモートデバッギングツールはそのままInternet ExplorerやSpartanでも利用できるようになります。

また、アダプタがオープンソースで公開されたことで、サード-パーティが自社のWeb開発ツールにこの機能を組み込み、Internet Explorer対応のデバッガを開発することも可能になります(ライセンスはMITライセンス)。特にエンタープライズ向けに多いと思われるInternet ExplorerをターゲットとしたWebアプリケーションを開発している開発者には注目すべき動向ではないでしょうか。

マイクロソフトはこれによりInternet Explorerにも開発ツールのエコシステムを展開したいと説明しており、Windows 10に搭載予定で現在開発中のWebブラウザ「Spartan」にもこのアダプタを対応させる予定であることを記しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Chrome , Intenet Explorer , 開発ツール



≫次の記事
「DockerはいずれCloud Foundryと競合するだろう」Mirantisが予想するPaaSの激突
≪前の記事
VMware vCloud Airの技術を用いた災害復旧サービスを「ニフティクラウド」が提供

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig