組織内でGitを大規模に運用できる「Stash Data Center」正式版を提供開始、アトラシアン

2015年3月3日

ソースコード管理システム「Git」を大規模に展開できるGitリポジトリ管理ツールの「Stash Data Center」を、アトラシアンが正式版として提供開始しました。日本での提供も同時に行われています。

「Stash Data Center」の一般販売を開始 - Atlassian Japan

Stash」はGitをベースにしたオンプレミス型のソースコード管理ツールで、リポジトリの作成や管理、組織内でのパーミッションの設定などを実現しています。

今回、正式版として提供が開始される「Stash Data Center」はその大規模版で、クラスタリング構成でロードバランシングと冗長化などによって、多数の開発者やビルドサーバなどからの同時アクセスにも対応できるものです。

Stash Data Centerは昨年9月からベータ版が提供されており、今日から日本でも正式版の提供が開始されました。価格は1000ユーザーごとに年間2万4000ドル。

同社はすでに、プロジェクト管理ツールの「JIRA」、コラボレーションツールの「Confluence」のData Center版を提供しており、今回の「Stash Data Center」正式版の提供開始によって主力製品の大規模展開向け製品を揃えたことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Atlassian , Git , GitHub



≫次の記事
Webデザイン用のオープンソースエディタ「Brackets 1.2」リリース。テキストのドラッグ&ドロップ対応、Windows高DPIサポートなど
≪前の記事
HTML/JavaScript/CSS対応のWebIDE「Orion 8.0」がリリース。ホバーツールでエラー表示などが強化

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig