Docker 1.5リリース。コンテナでのIPv6サポート、リードオンリーコンテナなど。Dockerイメージの仕様ドキュメントも公開

2015年2月16日

Dockerの最新バージョン「Docker 1.5」がリリースされました。

Docker 1.5: IPv6 support, read-only containers, stats, “named Dockerfiles” and more | Docker Blog

Docker 1.5では、コンテナでIPv6をサポート。コンテナごとにIPv6を使った通信が可能になります。

また、新機能として「Read-onlyコンテナ」が登場。コンテナからファイルシステムに対する書き込みを制限することが可能になります。

Stats機能により、コンテナのステータスをリアルタイムに取得することも可能になりました。Docker 1.5ではStats API経由もしくはコマンドラインで、現在のCPU利用率、使用メモリ量、ネットワークI/O、ブロックI/Oなどをリアルタイムにモニタ可能に。コンテナ全体の状況を一目で把握するダッシュボードなども実現できるとのこと。

fig Dockerブログにポストされた記事に掲載された画面を一部引用

また、Dockerイメージファイルの仕様を表したドキュメント「Docker Image Specification v1.0.0」も公開されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly



≫次の記事
Oracle Databaseを高速化するx86サーバ「Oracle Server X5」を日本オラクルが提供開始
≪前の記事
コードを書く能力で転職を成功させた3人のエンジニアに聞く、転職活動の実際 [PR]

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig