オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」がHyper-Vへ移植。ベータ版をCloudbaseが公開

2014年5月27日

仮想スイッチソフトウェアとしてもっとも知られるOpen vSwitchがHyper-Vへ移植され、ベータ版が公開されました。公開したのはCloudbase Solutionsです。

Open vSwitchはOpenFlowなどに対応したオープンソースの仮想スイッチソフトウェアとして2012年からLinuxのメインラインに統合されています。Software-Defined Networkを実現するソフトウェアコンポーネントとして注目され、実際にさまざまな製品に組み込まれ、使われ始めています。

これまでOpen vSwitchの対応プラットフォームとして利用できたのはXenServerやKVMなどでしたが、CloudbaseがHyper-V対応版をオープンソースとして開発し、ベータ版として5月22日付で公開を開始しました

Hyper-V版の対応プラットフォームはWindows Server 2012/2012 R2とHyper-V、もしくはWindows 8/8.1。

Githubでのソースコードの公開と合わせてインストール形式のバイナリファイルも公開されており、ウィザード形式で簡単にインストールできるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  ネットワーク , 仮想化


次の記事
iOS/Androidに対応したモバイルデータベース「Couchbase Mobile」正式版登場。無料のコミュニティ版も

前の記事
Microsoft Azureの再販が可能に。システムインテグレータはOfficeとAzureなどが混在するソリューションを一括で提案しやすく


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig