Microsoft System CenterからAmazon EC2やEBSを監視できるアドイン、Amazonクラウドが公開

2014年11月4日

マイクロソフトの運用管理ツール「System Center」に、Amazonクラウドの仮想マシンやストレージの監視などの機能を追加するアドイン「AWS Management Pack for Microsoft System Center」をAmazon Web Servicesが公開しました

New Microsoft System Center Virtual Machine Manager Add-In

System Centerは複数のコンポーネントから構成されるマイクロソフトの運用管理ツールです。

今回リリースされたアドインは、仮想化基盤の管理を行うためのコンポーネント「System Center Virtual Machine Manager」(SCVMM)に、Amazonクラウドの仮想マシンであるAmazon EC2やブロックストレージのAmazon EBSなどのリソースの表示と監視などを行える機能を追加するもの。

インスタンスのスタート、ストップ、リスタート、デリートなども

下記は、AWSブログの紹介記事に掲載されている画面を加工して転載したものです。SCVMMにアドインを追加し、Amazonクラウドの監視操作をしているところ。

fig

すでに公開されているAWS Management Pack for Microsoft System Centerの説明によると、監視対象となるAmazonクラウドのサービスは以下です。

これらについて、複数のアベイラビリティゾーンやリージョンのリソースを一括表示できます。もちろんAmazon VPC内のリソースも対象。

対象のリソースに対して、スタート、ストップ、リブート、デリート、リモートデスクトップでの接続といった操作も可能です。

ハイブリッドクラウドの強化を進めるAmazonクラウド

Amazonクラウドはすでに、VMwareの管理ツールであるvCenterでAmazon EC2やAmazon EBSを管理可能にするアドイン「AWS Management Portal for vCenter」を今年6月にリリースしており、今回のSystem Centerのアドインのリリースによって、企業への導入が進んでいるVMwareやマイクロソフトの仮想化基盤管理ツールとAmazonクラウドのパブリッククラウドを統合管理できる環境を前進させたことになります。

同社のSVP(シニアバイスプレジデント)Andy Jassy氏は、ハイブリッドクラウドのための機能を継続的に強化していくことを明言しており、今後もオンプレミスとAmazonクラウドの連係機能は今後も進んでいくことになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , IaaS , Microsoft , クラウド



≫次の記事
2014年10月の人気記事「HTML5、W3Cの勧告に」「この1年の優れたIT系書籍は?」「Windows ServerがDockerを採用するとはどういうことか」ほか
≪前の記事
WebアプリケーションをWindowsネイティブで開発できるVisual WAO。その技術と仕組みとは?[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus