Gitクライアントの「SourceTree for Windows」、日本語化された最新版が無償公開、アトラシアン

2014年1月30日

アトラシアンが提供している無償のGitクライアント「SourceTree for Windows」がバージョン1.4となり、無償公開されました。そしてこのバージョンからWindows版も日本語化されたことが、同社エバンジェリスト 長沢智治氏のブログ「Re:WorkStyle」にポストされたエントリ「SourceTree for Windows 1.4 日本語版が公開に」で発表されました。

SourceTree for Windows 1.4 日本語版が公開に | Re:WorkStyle

これまでSoruceTreeのMacOS版は日本語化されていましたが、Windows版は英語版のままでした。同社は「SourceTree for Windows 翻訳にご協力ください!」と昨年から協力を呼びかけており、今回のバージョン1.4からその成果が反映された形です。

SourceTree for Windows 1.4をダウンロードして日本語版のWindows 7(64ビット版)で起動してみたところ、インストール画面は英語のままでしたが、SourceTree起動直後に表れる設定画面から自動的に日本語表示になっていました。

fig

起動後の操作画面も、メニューなどを含めて全て日本語化されています。これでますますソースコード管理が容易になることでしょう。

fig 長沢氏のブログから引用

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : GitHub , 開発ツール



≫次の記事
Windows Azure対応「クラウドデザインパターン」正式版が公開。可用性、データ管理、メッセージング、セキュリティなど8カテゴリで24パターン
≪前の記事
Google、ChromeアプリをiOS/Androidアプリに変換するツールと方法を公開。Apache Cordova、Node.jsなどを連係

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus