FluentdがKubernetesの標準ログ収集ツールとして採用

2014年11月11日

Googleがオープンソースとして公開したKubernetesは、コンテナ型仮想化ソフトウェアのDockerを管理するツールです。開発プロジェクトにはDocker、RedHat、IBM、VMware、マイクロソフトなど多数の企業が参加を表明しています。

Kubernetesは、複数のDockerコンテナにまとめてアプリケーションをデプロイし、設定を行い、稼働状況を監視、管理し、サービスへのトラフィックをルーティングするなど、クラスタとしてDockerを運用するための多くの機能を備えています。

このKubernetesで使われる標準のログ収集ツールとして、オープンソースのfluentdが採用されたことが明らかになりました。下記はそれを伝えるGoogle佐藤氏のツイート。

flutendがKubernetesに標準で組み込まれるため、kubernetesのコンフィグレーションで「FLUENTD_ELASTICSEARCH=true」を設定すると、同一サーバ上で稼働しているDockerコンテナをまとめた「Pod」単位で、fluentdが全コンテナから集めたログをElasticsearchインスタンスに流し込んでくれるようになります。

fluentdは日本人がシリコンバレーで起業したトレジャーデータの開発者およびコミュニティベースによって開発されているログ収集ツールです。軽量かつプラガブルなため、さまざまなアプリケーションに対応してログを収集し、出力することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Kubernetes , クラウド



≫次の記事
国内PaaS市場、シェア1位はセールスフォース・ドットコム、2位Amazonクラウド、3位マイクロソフト。年平均30%以上の成長が続く。IDC Japan
≪前の記事
VMwareの技術担当VPがDockerへ、グローバルな開発チームの責任者に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus