[速報]次期Android「L」は新VM「ART」を採用。従来のDalvikの2倍の性能、64ビットフル対応。Google I/O 2014

2014年6月26日

Googleは6月26日(現地時間25日)、米サンフランシスコでイベント「Google I/O 2014」を開催。

基調講演ではAndroidの次期バージョンとなる「L」の新機能が紹介されました。Androidにはバージョンごとにアルファベット順の名前が付いており、現バージョンの4.4は「Kitkat」。次期バージョンは「L」で始まることになっていますが、まだ名称は決められていません。

fig

この「L」のAndroid仮想マシンには、従来のDalvikに代わり「ART」を採用することが明らかになりました。Google I/O 2014の基調講演から、ARTについて説明した部分を紹介します。

Dalvikと比較して2倍の性能を実現、ガベージコレクションも高速に

ARTでは、事前最適化コンパイラ(Ahead of Time Compiler)、Just in Timeコンパイラ、インタプリタなどを全面的に書き直し、ARM、x86、MIPSの真のクロスプラットフォームを実現。

fig

バックエンドコンパイラの最適化には多くの努力を注ぎ込み、従来のDalvikにくらべて2倍の性能を実現している。すべての既存のアプリケーションコードがそのまま高速化される。

fig さまざまなベンチマークで、Dalvikの性能を1とした場合のARTの性能を示したもの

ガベージコレクタとメモリアロケータも改良し、ガベージコレクションに伴う一時的停止や停止時間の揺らぎが低減され、アプリケーションがよりスムーズに動くようになった。

fig

ARTは完全な64ビット対応となり、64ビットプロセッサの多くのレジスタ、新しい命令セット、広大なメモリを広大なメモリを活用できる。

x86、ARM、MIPSのNDK(Native Development Kit)を用意しており、また既存のJavaコードは変更なしに動作する。

fig

Google I/O 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Android , Google , モバイル



≫次の記事
[速報]Googleが新しいUXの体系「Material Design」を発表。あらゆるデバイスとスクリーンに適用。Google I/O 2014
≪前の記事
[速報]Google Appsで、Word/Excel/PowerPointファイルを変換せずそのまま編集、保存可能に。Google Driveは容量無制限へ。Google I/O 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus