[速報]Google Appsで、Word/Excel/PowerPointファイルを変換せずそのまま編集、保存可能に。Google Driveは容量無制限へ。Google I/O 2014

2014年6月26日

Googleは6月26日(現地時間25日)、米サンフランシスコでイベント「Google I/O 2014」を開催。基調講演でGoogle Appsの新機能「Native Office Editing」を発表しました。

fig

Native Office Editingでは、これまでWordやExcel、PowerPointのファイルをGoogle Appsで開く場合に実行されていたGoogle Appsのファイル形式への変換がなくなり、WordやExcel、PowerPointのファイル形式のままで開き、編集し、保存できるというものです。

fig

これにより、例えばメールの添付ファイルとしてWordファイルを受け取った場合、そのままGoogle Docsで開き、編集し、Wordファイルとして保存し、送り返すことができます。

Google DocsはWebブラウザ上で実行され、モバイルデバイスにも対応しているため、WordをインストールしていないPCだけでなく、Chromebookやタブレット、スマートフォンでも同様のことが可能です。

また上記画面にあるように、Google Docsなどに搭載されている複数ユーザーによる同時編集やコメント機能もそのまま有効なため、WordやExcelファイルをベースにしたコラボレーションも可能になっています。

月額1200円でGoogle Driveが容量無制限へ

Googleは同時に、企業向けのGoogle Driveとして「Google Drive for Work」を発表。Google Appsと共に企業向けオフィスアプリケーションの強化に積極的な姿勢を見せています。

fig

Google Drive for Workは、クラウドへのデータ転送およびデータセンター内のすべてでデータが暗号化されるため、より高いセキュリティを実現。

ユーザー管理と監査機能やレポート機能が充実。

ユーザーあたり月額10ドル(日本では月額1200円)で、容量の制限なく利用可能に。ただし5ユーザー未満のアカウントではユーザーあたり1テラバイトまで。

Google I/O 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Office , SaaS , クラウド



≫次の記事
[速報]次期Android「L」は新VM「ART」を採用。従来のDalvikの2倍の性能、64ビットフル対応。Google I/O 2014
≪前の記事
米デル、Oracle 12c用垂直統合システム、MySQL用アプライアンス、Cloudera用インメモリアプライアンスなど、データベース特化の垂直統合システムを相次いで発表

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus