MVCフレームワークのBackbone.js 1.1.0リリース。バージョンアップに伴う大きな機能追加はなし

2013年10月15日

JavaScriptのMVCフレームワークとして知られるBackbone.jsがマイナーバージョンアップ版の「Backbone.js 1.1.0」を公開しました

開発者であるJeremy Ashkenas氏のツイートによると、「No big new features, really」(大きな新機能はまったくない)とのこと。しかし6カ月にわたって内部を効率化したとあります。

Backbone.js 1.0と1.1.0のChange Logは次のようになっています。

Change Log

1.1.0 — Oct. 10, 2013 — Diff

  • Made the return values of Collection's set, add, remove, and reset more useful. Instead of returning this, they now return the changed (added, removed or updated) model or list of models.
  • Backbone Views no longer automatically attach options passed to the constructor as this.options, but you can do it yourself if you prefer.
  • All "invalid" events now pass consistent arguments. First the model in question, then the error object, then options.
  • You are no longer permitted to change the id of your model during parse. Use idAttribute instead.
  • On the other hand, parse is now an excellent place to extract and vivify incoming nested JSON into associated submodels.
  • Many tweaks, optimizations and bugfixes relating to Backbone 1.0, including URL overrides, mutation of options, bulk ordering, trailing slashes, edge-case listener leaks, nested model parsing...

Backbone.jsは小さくて軽いフレームワークとして知られています。バージョン1.1.0のソースコードを見ると、全部で1582行。そのコンパクトさは変わっていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , MVC



≫次の記事
Touch EventsがW3C勧告、仕様策定完了。スマートフォンやタブレットのマルチタッチ操作に対応
≪前の記事
JSON、ECMA標準となる。仕様文書「ECMA-404」が公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig