Eclipse 4.3 Keplerがリリース。Java EE 7、BPM対応。Web IDEのOrionもバージョンアップ

2013年7月3日

オープンソースの統合開発ツールEclipseの最新バージョンEclipse 4.3(コード名Kepler)がリリースされました

Eclipse.org - Kepler Simultaneous Release : Highlights

Eclipse 4.3の主な新機能の1つが、Eclipse Web Tools Platform (WTP) 3.5でJava EE 7に対応したことです。Eclipse WTPには、JavaScript、HTML、CSSなどの開発機能、Java EEのサーバサイドの開発機能などがパッケージされていますが、ここにJava EEの最新機能であるJava EE 7対応が行われ、開発やデバッグなどが行えるようになっています。

またEclipse WTPに、プロジェクト管理とビルドシステムのMavenが統合されました。Java EEのプロジェクトをMavenで管理可能になっています。

Eclipse 4.3ではBusiness Process Management (BPM)のStardust 1.0によって、ビジネスプロセスをモデルとして記述し、動作のシミュレーション、Javaコードとの統合による迅速な開発などが行えるようになっています。

fig

Web IDEのOrionもバージョンアップしてOrion 3.0となっています。viやEmacsのキーバインディングが可能になり、またJavaのwarファイルとしてインストールが容易になったと説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Eclipse , オープンソース , 開発ツール



≫次の記事
Big Switchが大規模向けの仮想スイッチ「Indigo Virtual Switch」をオープンソースで公開
≪前の記事
デル、サーバ/ネットワーク/ストレージの統合サーバ「Active Infrastructure」を国内投入

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig