分散リアルタイムデータベース「SenseiDB」がオープンソースで公開。LinkedInのインフラとして開発

2012年1月23日

テキストなど非構造化データのデータベース機能とサーチエンジン機能を兼ね備えた分散リアルタイムデータベース「SenseiDB」が、オープンソースとして公開されています

fig

SenseiDBとは先生DBの意味らしく、「Sensei (先生) means teacher or professor in Japanese」と説明があり、ロゴにも「師」の文字が使われています。なぜ先生なのか、その意味について以下のように説明があるのですが……

Sensei DB

This name indicates that the system can be used in place of Oracle database in many applications.

この名前が示しているのは、このシステムが多くのアプリケーションにおいてOracleデータベースで使われているところで利用可能だということです。

TeacherやProfessorとOracleのあいだには、どんな関係があるのでしょう。どなたかコメント欄やTwitterなどで教えてください。

SenseiDBの主な機能は以下のようになっています。

SenseiDBはソーシャルネットワークのLinkedInを支えるために開発されたとのこと。

SQLライクなBQLを搭載

SenseiDBはACID特性を備えており(ただしRDBMSのような強い一貫性ではなく、リラックスした一貫性のようです)、それでいてスケーラビリティ(Elasticity)も備えていて、問い合わせ言語としてSQLライクなBQLを搭載しているとのこと。

アーキテクチャは次のようになっています。Webサイトから引用。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  NoSQL , オープンソース


次の記事
Big SwitchがOpenFlowコントローラ「Floodlight」をオープンソースとして公開
前の記事
セールスフォース・ドットコムが東京データセンターに国内顧客約5000社の移行完了。その裏側を聞いた

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig