Pinterestの急成長を支えてきたアーキテクチャとは? Pythonで開発しAmazonクラウドで運用

2012年5月24日

Web上の画像や動画などを気軽にクリップしたり共有できるサービス「Pinterest」が大人気です。楽天が出資したことでも話題になっています。

Pinterest / Home

急速に人気が急上昇するWebサービスでは、どのようにスケールするアーキテクチャを構築し運用していくのかはサービスの成否を分けるほど重要です。Pinterestのように急成長してきたサービスのソフトウェア構成やリソース構成はどうなっているのでしょうか、Web上でいくつか情報が公開されているのでまとめてみました。

Pythonで開発し、Amazonクラウドで運用

1年ほど前なので少し古い情報ではあるのですが、Q&AサイトのQuoraにPinterestのco-founder Paul Sciarra氏が書き込んだソフトウェア構成の説明があります。

PinterestはPythonで開発されており、MemcachedやNginxなど高速なレスポンスに配慮した構成になっている様子がうかがえます。

Pinterest: What technologies were used to make Pinterest? - Quora」の情報を整理して引用します。

運用はAmazonクラウド上で行われているようです。Web層だけで150個以上のインスタンスを利用し、データの保存容量は410テラバイト。クラウドでないととてもこの成長を支えられませんね。

今週公開された記事「High Scalability - Pinterest Architecture Update - 18 Million Visitors, 10x Growth,12 Employees, 410 TB of Data」から、ポイントを整理して引用します。

この記事では「Pinterestの急成長、多数のユーザー、大規模データ、少人数はInstagramにとても似ている」と書いています。シリコンバレーではこのクラスの急成長サービスが複数存在し、そのためのノウハウも蓄積と共有されていっているのでしょう。

追記(2012/5/24):オブジェクトシリアライザMessagePackの作者 古橋貞之氏から「Pinterestではmemcachedに「MessagePack」を組み合わせて使っているらしいですよ。(略)Pinterestのエンジニアから直接聞いたので間違いないです」とのコメントをいただきました

関連記事

Publickeyでは、これまでも大規模なスケーラビリティを実現してきたサービスの仕組みを紹介してきました。よろしければあわせて以下の記事もお読みください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド、システム運用



≫次の記事
バッファローがデータセンター向けストレージに参入。Amazon S3へのバックアップに対応したラックマウント型NAS/iSCSIストレージ「TeraStation 7000」
≪前の記事
paperboy&co.がRoRに対応した開発者のためのホスティングサービス「Sqale」リリース。月額980円から

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus