中規模大規模プロジェクトにアジャイル開発を適用するにはどうすればいい? IPAが14件の事例を基に報告

2012年4月2日

中規模、大規模のアジャイル開発において成功に寄与する主な要因は、リーダーシップを発揮するキーマン、教育と経験、段階的な導入、などの内容を含む報告書を、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開しました

「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」 報告書を公開 - 情報処理推進機構

報告書のタイトルは「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査 調査概要報告書」で、プロジェクトの実メンバー数が30名から100名程度を中規模、100名以上を大規模と位置づけ、中規模の事例6件、大規模の事例4件、そして中規模大規模のプロジェクトで部分的にアジャイル開発を適用した事例4件を基に書かれました。

プロジェクトの内容はゲームソフト、ソーシャルゲーム、SNS、医療健康関連、ECサイト、基幹システムなどで、自社開発、受託開発ともに含まれています。

公開された概要からポイントを引用します。

非ウォーターフォール型の方が「いきいきしている」

基にした14件の事例。

fig

非ウォーターフォール型開発の採用理由(10ページから。文字が細かくて見にくかったので、テキストで引用)。

No1 要件が固められない
No2 管理コストを下げたい
No3 市場社会の変化に対応したい

うまくいった:25%
かなりの部分でうまくいった:12%
うまくいった部分も、いかなかった部分もある:63%

非アジャイル開発のための工夫。

fig

緑のマーカーが非ウォーターフォール型。

fig

顧客との関係などにおけるポイント。

fig

成功に寄与する要因。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ DevOps / アジャイル開発
タグ  アジャイル開発 , 働き方 , 調査結果


次の記事
デル、シンクライアントのワイズテクノロジーを買収。デスクトップ仮想化のソリューションを拡大へ

前の記事
Rubyのまつもと氏が「2011 Free Software Awards」受賞。「おもわず涙を流しそうになりました」とコメント


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig