Node.jsを手軽に試せるJavaScript統合開発環境「Cloud9 IDE」、クラウドでの提供開始

2011年3月2日

オープンソースとして開発されているJavaScript統合開発環境の「Cloud9 IDE」が、クラウド上のサービスとして提供開始されました。Cloud9 IDEサービスを立ち上げたのは、Cloud9 IDEの開発元でもあるAjax.org

Cloud9 IDEは、Node.jsが動作するサーバの上にWebアプリケーションとして実装された、Node.js対応のサーバサイドJavaScriptのための統合開発環境です。Node.js上に実装されたということはつまり、Cloud9 IDE自身もJavaScriptで記述されています。

Node.jsを試してみたいけれど、自分でインストールしたり環境を構築するのは面倒、という人にちょうどいいのではないでしょうか。

Cloud9 IDEサービスの利用は有償で、1ワークスペースあたり1日ごとに0.33ユーロ、もしくはワークスペース無制限で1カ月あたり39ユーロ。30日間の無料トライアル期間があります。また、オープンソースプロジェクトとして利用する場合には無料になります。

シンタックスハイライト対応エディタ、デバッガ機能などを搭載

公開されている画面から、主な機能を紹介しましょう。すべての機能はWebブラウザから利用します。まず基本となるのがコードエディタ。ファイル選択、シンタックスハイライト。GitHubとも統合されており、リポジトリへも簡単な手順でアクセス可能。

fig

開発環境からそのままNode.jsプログラムを実行可能。ステップ実行、ブレークポイント、変数モニタなどのデバッガ機能。

fig

チームで開発する機能もサポートしており、プロジェクトへの新規メンバーの招待、タスクのアサイン、メンバー間のチャットなどの機能があります。

fig

Cloud9 IDEは前述のようにオープンソースとして開発されているため、コードをダウンロードして自分で実行することもできます(ajaxorg/cloud9 - GitHub)。

以下のビデオではCloud9 IDEを使い、Node.jsで“Hello, World!”を出力する手順を紹介しています。約6分です。

Cloud9 IDE Basics from Fabian Jakobs on Vimeo.

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , Node.js , システム開発



≫次の記事
クラウドのベストブランド、1位セールスフォース、2位グーグル、3位ヴイエムウェア。日経コン2011年3月3日号
≪前の記事
Publickeyの媒体資料を公開しました

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus