[速報]GitHub、開発サイクルの全場面でCopilotを提供する戦略。モバイルアプリ化、GitHub.comサイト上での提供など発表、GitHub Universe 2023

2023年11月9日

GitHubの年次イベント「GitHub Universe 2023」が米サンフランシスコで開幕しました。

1日目の基調講演では、AIに対して自然言語でプログラミングに関する質問ができるCopilotをモバイルアプリ化した「Copilot Chat in Mobile」が発表されました。

fig

iOSとAndroidに対応。これによりプログラマはいつどこでも、プログラミングの質問ができるとしています。

また、Copilot ChatがJetBrainsの統合開発ツールでも利用可能になることが発表されました。

fig

さらにGitHub.com上でもCopilot Chatが利用可能になると発表されました。

fig

コードエディタを開かなくても、GitHub.com上でCopilotとチャットで対話し、コードの説明やテストコードの自動生成、プルリクエストの説明の生成などが可能になります。

fig

また、Copilot Chatは来月(2023年12月)に正式サービスとなることも発表されました。

fig

GitHubは開発サイクルのあらゆる場面でCopilotを提供

GitHubは今回のイベント「GitHub Universe 2023」で、GitHub自身を「AI-Powerd developer platform」であると再定義しています。

そしてCopiloによるAIの能力を、プログラミングの場面におけるコード生成や説明だけでなく、開発サイクルのあらゆる場面で提供する戦略を明らかにしました。

fig

GitHubはCopilotをすでにVisual Studio CodeやVisual Studioなどのコードエディタ上で利用可能にしており、今回その対応をJetBrainsの開発ツールに拡大しました。

また、コマンドラインでのCopilot対応も開発中であることを今年(2023年)2月に発表しています。

参考:うろ覚えのシェルやGitコマンドでも大丈夫。自然言語でコマンド入力を支援する「GitHub Copilot CLI」、プロトタイプ公開に向け登録開始

そして今回、Copilot Chatのモバイルアプリ化を発表し、またGitHub.com上でもCopilot Chatを利用可能にすると発表しました。

これらの発表はすべて、開発ライフサイクルのあらゆる場面でCopilotの能力を提供するという前述の戦略に沿ったものだといえます。

GitHub Universe 2023

あわせて読みたい

機械学習・AI 開発ツール GitHub Microsoft




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本