ガートナージャパンが「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」発表

2023年8月18日

調査会社のガートナージャパンは、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」を発表しました

ガートナーのハイプサイクルは、技術の登場から安定までを5つのステージに分けて説明したものです。5つのステージは、「黎明期」から始まり、「『過度な期待』のピーク期」「幻滅期」「啓発期」「生産性の安定期」まで。この途中で消えていく技術もあります。

米ガートナーはほぼ同時に「先進テクノロジーのハイプサイクル2023年」を発表しています

こちらは別記事で紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

参考:米ガートナー「先進テクノロジーのハイプサイクル2023年」を発表。GitOpsは黎明期、生成的AIとクラウドネイティブは過度な期待のピーク

さて、下記がガートナージャパンが発表した「日本における未来指向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」の図から、「黎明期」と「『過度な期待』のピーク期」を抜き出したものです。

fig出典:Gartner (2023年8月)

図の左から注目したいテクノロジを見ていくと、「黎明期」のいちばん左には商用核融合炉があり、ポスト量子暗号、月データセンター、デジタル・ヒューマン、自律分散型組織などが並んでいます。

「『過度な期待』のピーク期」には、分散型アイデンティティ、生成AIなどが並びます。

図の続きが以下です。

fig

「幻滅期」にはWeb3、NFT、メタバース、量子コンピューティング、ブロックチェーンなどの名前が示されています。

米ガートナーが発表した「先進テクノロジーのハイプサイクル2023年」と比較すると、こちらの「日本における未来指向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2023年」の方が大胆なキーワードが含まれているように見えます。

あわせて読みたい

業界動向




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本