1PasswordがマスターパスワードのPasskey対応をプライベートベータで開始。今年中には一般提供へ

2023年8月2日

パスワードマネージャの1Passwordは、新しいアカウントの作成と1Passwordのアンロックを行う、いわゆるマスターパスワードの代わりにPasskeyが使える機能のプライベートベータを開始したことを明らかにしました

fig

1Passwordはすでに、従来のパスワードの代わりにスマートフォンの生体認証機能などが使えるPasskeyの機能を6月にベータ公開しています。

この機能は、Passkeyに対応したWebサイトに1Passwordで自動的にログインすることが可能で、さらにデバイス間でのPasskeyの同期も1Passwordによって行えるというものです。

参考:パスワードマネージャの1PasswordがPasskey対応をベータ公開。Passkeyの保存と同期、ログインが可能に

今回プライベートベータとして開始される機能はこれとは異なり、1Password自体のアカウントに対応したパスワードをPasskeyとしてパスワードレス化するものです。Passkeyを用いて1Passwordをアンロックできるようになります。

iPhoneとiPadでPasskeyを用いて1Passwordのアカウントを作成可能で、iOS、macOS、WebではPasskeyを用いて1Passwordをアンロック可能になります。

今後はiOS以外のプラットフォームにも対応を広げ、今年後半には一般提供を開始する予定だとされています。

あわせて読みたい

セキュリティ Passkey



タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本