ついにKubernetesからDockershimが正式に削除、Docker Engineのサポートが終了。今年最初のKuberenetes 1.24正式版がリリース

2022年5月10日

オープンソースとして開発されているコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の開発チームは、Kubernetes 1.24正式版のリリースを発表しました。今年最初のKubernetesのリリースとなります。

Kubernetes 1.24の最大の変更点は、「Dockershim」が正式に削除されたことでしょう。Dockershimは2020年12月にリリースされたKubernetes 1.20から非推奨となっており、そこから約1年半が経過した本バージョンのリリースで正式に削除となりました。

参考:Dockershimを非推奨とした「Kubernetes 1.20」が正式リリース。Graceful node Shutdown機能がアルファ版で登場など

今後さまざまなKubernetes関連の実装やサービスでKubernetes 1.24へのアップデートが行われると見込まれます。Dockershimが非推奨になってから十分な時間が経過しているため多くのユーザーはすでにcontainerdやcri-oなどDocker Engine以外のコンテナランタイムに移行したと思われますが、もしもまだKubernetesでDocker Engineを使っている場合には、早急な見直しが必要でしょう。

Dockershimが削除されるまでの経緯

DockershimはKubernetesでコンテナランタイムとしてDocker Engineを利用するためのブリッジの役割をしていたインターフェイスでした。

もともとKubernetesはコンテナランタイムとしてDocker Engineをサポートしていました。というのも、Kubernetesが登場したときにはコンテナランタイムは事実上Docker Engineしか選択肢がなかったためです。

しかしその後、CoreOSのrktを始めとするDocker Engine以外のコンテナランタイムが登場したことで、Kubernetesは複数のコンテナランタイムをサポートするべく、コンテナランタイムとのインターフェイスとして「Container Runtime Interface」(CRI)というAPIを新たに定義します。

このCRIをサポートするコンテナランタイムであれば、Kubernetes上で利用できることになるのですが、Docker EngineはCRI以前から存在していたこともあり、CRIをサポートしていませんでした。

そこでKubernetesはCRIとDocker EngineのブリッジとしてDockershimを同梱し、CRI策定後も継続してDocker Engineをコンテナランタイムとしてサポートしてきました。

しかしすでにcontainerd、cri-o、gVisor、Firecrackerなど、さまざまなコンテナランタイムの選択肢が登場したことで、KubernetesとしてはDockershimの役割を終えるタイミングが来たと判断したわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / Kubernetes / クラウド / クラウドネイティブ / コンテナ型仮想化



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本