CircleCIがGitLabに対応。GitLabのコード変更をトリガーにCircleCI でビルド、テスト、デプロイを実行可能に

2022年7月28日

CI/CD機能をクラウドサービスとして提供するCircleCIが、クラウド版のGitLabに対応したことを発表しました(日本語での発表)。

CircleCIは、クラウド上でビルド、テスト、デプロイのパイプラインを自動実行するサービスです。これまでソースコード管理ツールとしてはGitHubと統合する機能を備えていましたが、新たにクラウドサービスとして提供されているGitLabとの統合にも対応しました。

これによりGitLab上のソースコードリポジトリでコードが変更されたことをトリガにして、自動的にコードのビルド、テスト、デプロイのパイプラインを走らせることができるようになります。

また、GitLabとの統合でユーザーごとに高度なアクセス権とロールを設定可能。近日中にはチームレベルおよびプロジェクトレベルの管理機能を公開予定としており、今後も機能強化をしていくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ CI/CD / DevOps / 開発ツール / GitLab



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本