[速報]AWS上で開発環境一式、フレームワーク、初期コード、IDE、ビルド環境、CI/CDなど提供する「Amazon CodeCatalyst」発表。AWS re:Invent 2022

2022年12月2日

Amazon Web Services(AWS)は米ラスベガスで開催中の年次イベント「AWS re:Invent 2022」で、AWS上で開発チームのための環境一式を提供する「Amazon CodeCatalyst」を発表しました

Amazon.com VP兼CTOのWerner Vogels博士。

開発周りの環境整備がどんどん重くなっており、これが開発のスピードを落としていると指摘。

fig

「このトイルをどうやって取り除くか」とVogels博士。Amazon CodeCatalystを発表しました。

fig

Amazon CodeCatalystは、クラウド上にチーム開発のために必要な環境一式を迅速に構築、提供するサービスです。

fig

初期設定として、「ブループリント」と呼ばれるソースコードのリポジトリ、開発対象のフレームワークやライブラリ、初期コードやテンプレートなどがチームのために用意され、Web IDEとしてデフォルトでCloud9が利用可能。

現時点で標準として用意されているフレームワークやAngular、React、Vue。IDEはCloud9の代わりに、Visual Studio Code、IntelliJ、Goland、PyCharmも利用可能。

クラウド上でビルド、テスト、デプロイを行うCI/CDパイプラインも簡単に定義できます。

fig

チームでのタスクやイシュー、進捗などの管理とダッシュボードも用意。

fig

これら一連の機能はCodeCatalystによってデフォルトで提供されますが、既存のサービス、JiraやSlack、GitHubなどと組み合わせて利用することも可能。

fig

Amazon CodeCatalystはフリーティアも用意されており、1カ月あたり2000分間のビルド、60時間の開発環境、10GBのソースコードストレージ、64GB文の開発環境用ストレージなどが無料で利用可能です。

fig

AWS re:Invent 2022

Day1:Monday Night Live

Day2:Keynote by Adam Selipsky

Day3:Keynote by Swami Sivasubramanian

Day4:Keynote by Dr. Werner Vogels

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / CI/CD / DevOps / クラウド / 開発ツール



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本