「Amazon RDS Blue/Green Deployments」登場。ステージング用データベースの構成、本番DBとの同期、安全な切り替えなど提供

2022年11月29日

Amazon Web Services(AWS)は、本番用のデータベースに対応するステージング用データベースの構成と安全な切り替えの仕組みなどを提供する新サービス「Amazon RDS Blue/Green Deployments」のリリースを発表しました

fig

システムの本番運用中であっても、何らかの理由でデータベースの切り替えを行いたくなるケースが存在します。例えばデータベースのメジャーバージョンアップを行う、データベースの設定を大幅に変更する、新しい機能追加のためにスキーマを変更するなどが考えられるでしょう。

しかし本番稼働中のシステムのデータベースの変更は入念な準備とテストを慎重に行う必要があります。

そのためには稼働中のデータベースとは別に新しくデータベースを用意し、そちらで新しい構成を実現し、本番稼働中のデータベースのデータと同期させ、適切なタイミングで入れ替えを行い、万が一新しい構成で問題が発生したらすぐに切り戻しができるようにする、といった操作が求められるでしょう。

今回登場したAmazon RDS Blue/Green Deploymentsは、こうしたデータベースの切り替えを安全に行うための仕組みをマネージドサービスで提供してくれるサービスです。

簡単かつ安全にデータベースの切り替えを実現

Amazon RDS Blue/Green Deploymentsでは、次のような機能を備えています。

  • 本番環境に対応したステージング環境の構築
  • 本番データベースとステージングデータベース間のレプリケーション
  • 本番環境に影響を与えることなく、ステージング環境での安全なデータベース切り替えのテストの実行
  • データベースやシステムのパッチ適用によるアップデート
  • アプリケーションの変更をすることなく本番環境とステージング環境の切り替え実行。通常は1分以内に切り替え
  • 切り替え時の書き込みをブロックすることでデータロス防止
  • 予定時間を超えて切り替えに時間がかかっている場合、切り替えをキャンセルする

これらの機能によって簡単かつ安全にデータベースの切り替えのテストと実際の切り替えが行えるわけです。

対応するデータベースはAmazon Aurora with MySQL Compatibility 5.6以降、Amazon RDS for MySQL 5.6以降、Amazon RDS for MariaDB 10.2以降。全てのリージョンで利用可能になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ AWS / MySQL / RDB / クラウド / データベース



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本