アプリケーション実行環境のPaaS国内市場、2020年の368億円から2025年には900億円以上に、毎年20%超成長で

2021年9月28日

調査会社のIDC Japanは、アプリケーションの実行環境を提供するパブリッククラウドサービスの「アプリケーションPaaS」と、複数のアプリケーションあるいはデータソースを接続して連携や統合の管理を行うパブリッククラウドサービスの「インテグレーションPaaS」の国内市場規模についての調査結果を発表しました

アプリケーションPaaSは、クラウドファースト戦略を強める企業が増えたことでWebアプリケーションの実行環境がオンプレミスからクラウドサービスへシフトしていること、ローコード/ノーコード開発プラットフォームとしてアプリケーションPaaSを活用する企業も増加していることなどから利用が拡大。

2020年の国内アプリケーションPaaS市場は367億6500万円、2021年は前年比成長率22.7%を見込み、2020年~2025年の年間平均成長率は21.1%と予測されています。

これにより、市場規模は2025年には900億円以上になると見込まれています。

fig 国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場予測:2019年~2025年。Source: IDC Japan, 9/2021

一方のインテグレーションPaaSは、オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境あるいは複数のクラウド環境における連携や統合が増加してきたことで利用が増加。

2020年の市場規模は128億8000万円、2021年は前年比成長率38.7%を見込み、2020年~2025年の年間平均成長率は29.3%と予測されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本