Kubernetes環境をWindows 10/macOSへ簡単にインストール。「Rancher Desktop」がオープンソースで公開

2021年6月4日

インストールして起動するだけで、Windows 10やmacOS上に簡単にKubernetes環境が導入される「Rancher Desktop」がオープンソースで公開されました。

fig

Rancher DesktopはElectronとNode.jsをベースに構築されたデスクトップアプリケーションです。

起動するとRancher Desktopのウィンドウが表示され、そこからKubernetes環境の設定が簡単に行えるようになっています。

下記はRancher LabsでシニアマネージャのHayden Barnes氏のツイート。Rancher Desktopの起動後の画面が示されています。

Rancher DesktopはRancher Labsが開発している軽量のKubernetesディストリビューションであるK3s、Helm、containerdなどを採用。

Windows 10ではWSL2を用い、macOSではHyperkitを用いてコンテナ環境を構築しています。

Windows 10やmacOSの上にKubernetes環境を構築するツールとしてはDocker Desktopがよく知られていますが、Rancher Desktopの登場によって、これらデスクトップOS上のKubernetes環境構築ツールに新たな選択した登場したといえるでしょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本