「IBM COBOL for Linux on x86」発表。x86サーバ上のRHELやUbuntu Serverでz/OS互換のCOBOLコンパイルや実行を可能に

2021年4月8日

米IBMはx86サーバ上のLinux環境でCOBOL言語のコンパイルや実行を実現する「IBM COBOL for Linux on x86 1.1」を発表しました

fig

IBM COBOL for Linux on x86 1.1は、「IBM COBOLコンパイラファミリー」の最新製品として、IBM Enterprise COBOL for z/OSおよびIBM COBOL for AIXとの互換性を備えています。

また、Enterprise COBOL for z/OSと同じ最適化技術がIBM COBOL for Linux on x86 1.1に用いられ、コンパイラの基本的なバックエンドも共有されているため、高速な処理が実現できるとのこと。

TXSeriesのマルチプラットフォームに対応。Db2 for Linux/UNIX/Windowsに対応。Db2ファイルシステムはシーケンシャル、インデックス、リレーティブファイルに対応。また、CICSとの相互運用性やCOBOLのバッチプログラムによるCICS ESDS、KSDS、DB2に保存されたRRDSファイルへのアクセスなども可能になっています。

対応OSはRed Hat Enterprise Linux 7、8かそれ以後のバージョン。もしくはUbuntu Server 16.04 LTS、18.04 LTSもしくはそれ以後のバージョン。

IBMは、IBM COBOL for Linux on x86 1.1によりx86マシンのLinux環境でもビジネスクリティカルなアプリケーションの開発と性能を提供できるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本