GitHub Actionsの作成が容易に。リポジトリの中身に合わせておすすめのワークフローを一覧表示、検索機能も

2021年12月23日

GitHubは、ソフトウェア開発のワークフローを自動化する機能であるGitHub Actionsの作成機能を強化したと発表しました

これによりGitHub Actionsの作成が容易になると説明されています。

fig

強化された1つ目の機能は、レコメンデーション機能の追加です。

GitHub Actionsを作成する場面で自動的にレコメンデーション機能が働き、リポジトリを分析してプログラミング言語、ビルドツール、フレームワーク、パッケージマネージャなどを検出したうえで、適切なワークフローが推奨されます。

例えばリポジトリ内にコンテナ化されたNode.jsアプリケーションが含まれている場合、コンテナとNode.jsに関連するワークフローが優先的に表示されるなど、リポジトリ内で使われているプログラミング言語やフレームワークに基づいて適切な推奨が行われます。

fig

さらに、GitHub Actionsワークフローのカタログで、カテゴリによるフィルタリング機能と検索機能が追加されました。

これで目的のワークフローをより早く見つけることができるようになっています。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本