Google Kubernetes EngineがWindows Serverコンテナをサポート。同一クラスタ内でLinuxコンテナとWindows Serverコンテナが共存可能

2020年2月4日

Googleは、Google Cloudで提供しているKubernetesのマネージドサービス「Google Kubernetes Engine」(GKE)で、Linuxコンテナに加えてWindows Serverコンテナのサポートをベータ版として開始したと発表しました

Kubernetes自身は2019年3月にリリースされたKubernetes 1.14からWindows Serverコンテナへの対応を実現しています

それを受けて、Google CloudのサービスであるGKEとしてもWindows Serverコンテナのサポートを開始したことになります。

Windows Serverコンテナのサポートにより、複数のWindows ServerコンテナでKubernetesクラスタを構成できるようになるだけでなく、1つのKubernetesクラスタ内でLinuxコンテナとWindowsコンテナを共存させることも可能です。

fig

ほかにもGKEでは新たにノード上のアプリケーションを自動的にアップグレードする機能が追加されました。Dockerのマルチアーキテクチャ対応イメージ(multi-arch)を用いることで、WindowsとLinuxのそれぞれのOSに対応した適切なイメージがノードに自動的に配布され、アップグレードされます。

また、Kubernetesを管理するコントロールプレーンとクラスタを構成するノードをリージョン内の複数のゾーンに分散して配置することでマルチマスター化し、可用性や信頼性を向上させるリージョナルクラスタ(Regional clusters)機能も追加されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本